宗教でお葬式が異なる理由

世界中にはいろいろな宗教があります。個人がどの宗教を信じていたかによって、執り行われるお葬式のスタイルも変わってきます。なぜお葬式のスタイルが変わってきてしまうのは、それは死生観の違いによるといっていいでしょう。人生の中でも死とは重要かつ人生最後のイベントになります。しかしその「死」の意味とはどういったものなのか、宗教によって解釈が異なります。だからこそお葬式の意味合いも違ってきますし、式次第も変わってくるわけです。

例えば日本では古くから神道がありました。ちなみに神道では肉体は滅びたとしても、その人の魂は家の中にとどまって家族を守ってくれるものという発想があります。お盆などの時に亡くなった人が自宅に戻ってくるので、ナスやキュウリなどで乗り物を作って家の前に飾った経験はありませんか。これもある意味神道の考え方に倣ったものと考えられます。またキリスト教では、人は亡くなると天国に向かって神様の元で安息な日々を得られるといいます。もちろん家族や親族、生前仲良くしていた人にとっては悲しいことかもしれません。しかし宗教的に見ると、喜ばしいこととなります。ですからキリスト教式のお葬式では、「帰天」とか「召天」といった言葉を用いることが多いです。

さらに仏教を心境にしている人も日本人の間では多いでしょう。仏教の中の一会派として禅宗があります。禅宗では亡くなった人は仏様の弟子になることを意味します。そこで弟子として恥ずかしくないように守るべき戒律を授けるためにお葬式を執り行うという意味合いを持って式を進めていきます。さらに仏教には禅宗以外にもいろいろな宗派があることはご存知の方も多いでしょう。宗派によって同じ仏教でも死の持つ意味合いが若干異なります。このため、同じ仏教でも宗派によってお葬式のスタイルも変わってくるわけです。このようにどの宗教でお葬式を執り行うかも重要なポイントになります。

もし家族が亡くなって、お葬式を開催する側になった場合、葬儀会社のスタッフとどういったお葬式をするかの打ち合わせを行うでしょう。この時故人がどういった信仰だったのか、自分たちがどの宗派に属しているかをきちんと説明することです。例えば菩提寺と実際に行ったお葬式のスタイルが異なると、後々トラブルになるかもしれません。例えば菩提寺に亡くなった人の遺骨を納めたいけれども、拒否されるといったこともあります。またやり直しを求められて、手間暇やお金が余計にかかってしまうことも考えられますから注意しましょう。

新着情報

2018年08月09日
ホームページを更新しました。